Aidemy 石川社長登壇!地銀DXセミナー「金融機関におけるAI導入3つのポイントとDXプロジェクトの進め方」

デジタル庁の創設が発表されたように、日本の今後を左右するのは「デジタルトランスフォーメーション(DX)」です。
特に、コスト削減と次代のビジネスモデル確立が急務となっている地方銀行・地域金融機関においては、DXの取り組みが自行の生き残りに欠かせないばかりか、地域経済の発展への期待が掛かる取り組みとして期待されています。

本セミナーでは、一般的に、メガバンクと比較してリソース(ヒト・モノ・カネ)が十分でない地方銀行において、DX推進に欠かせない技術領域であるAI活用に取り組む上でのポイントと、AI導入含むDXプロジェクトを進める体制・人材・プロジェクトマネジメントについて解説します。

尚、AIの内製化ソリューションAidemy Businessなどを提供し、金融機関含む各種業界のDX/AI活用の推進を支援している株式会社アイデミーとメガバンクを始め金融機関のデジタル支援に多くの実績を持つ株式会社メンバーズの地方銀行向け支援事業を手掛けるメンバーズルーツカンパニーの共催でお届けします。

セミナー内容

Aidemy 石川社長登壇!地銀DXセミナー
「金融機関におけるAI導入3つのポイントとDXプロジェクトの進め方」

  • 第一部
  • 金融機関におけるAI導入3つのポイント
  • 第二部
  • 地銀AI導入のすすめ/DXプロジェクトの進め方

こんな方におすすめ!

  • ・地域金融機関において、デジタルを活用した業務に携わっている方
  • ・今後新たなデジタルプロジェクトの立ち上げに携われる方
  • ・地域金融機関の、Webサイト等デジタルチャネルの責任者の方

セミナー概要

  • ●日時:2021年2月17日(水)11:00 ~ 12:30(10:50からアクセス可能)
  • ●定員:Zoomで配信するオンラインセミナーのため何名でもご参加いただけます。
  • ●費用:無料

登壇者紹介

石川 聡彦

石川 聡彦 氏
株式会社アイデミー 代表取締役CEO

東京大学工学部卒。同大学院中退。
在学中、研究・実務でデータ解析に従事した経験を活かし、法人向けAIシステムの内製支援クラウドソリューション「Aidemy Business」や機械学習モデルの実運用プラットフォーム「modeloy」を開発・運営している。
著書に『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(KADOKAWA/2018年)、『投資対効果を最大化する AI導入7つのルール』(KADOKAWA/ 2020年)など。世界を変える30歳未満30人の日本人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2019」選出。

溝井 貴久

溝井 貴久
株式会社メンバーズ EMCカンパニー プロデューサー
メンバーズルーツサポーター

ITコンサルティング会社にて、システム計画立案・業務分析・システム開発を経験。
その後、Web業界にて新規サービス立ち上げのコンサルティングや、Webシステム開発の事業運営責任者を経て、2018年にメンバーズに入社。
ビジネスモデルや業務・UXの分析を起点として、IT技術やWeb技術を駆使し、お客様と一丸となって事業改善の推進を行うことを得意としている。

お申込みフォーム

(本セミナーの応募は終了いたしました。)

ご質問等がございましたら、お手数ですが下記メンバーズウェビナー運営事務局までご連絡のほどよろしくお願いいたします。
メールアドレス:m_lg@members.co.jp