コロナ影響の先行きはまだまだ見えず、リモートワークが長期化する可能性が高まっています。リモートワークを前提として組織を継続的に運営維持するためには、コミュニケーションの仕組みづくりが不可欠です。
本セミナーでは、リモートワーク先進企業であるソニックガーデン・プリンシプル・ポップインサイトの3社の創業者を招き、コミュニケーションの仕組みづくりの秘訣を徹底共有いただきます。当日の質疑応答も大歓迎ですので、ぜひ各社の課題・悩みをお聞かせください!

セミナー動画&登壇者

以下より当日のウェビナーを動画でご覧いただけます(ソニックガーデン倉貫さんの動画は非公開となります)

メンバーズチャンネルでは他にも様々なウェビナーを紹介中!ぜひチャンネル登録をお願いします!

コロナ危機:リモート長期化でのコミュニケーションの取り方と心のケア

株式会社プリンシプル
楠山 健一郎

国際基督教大学(ICU)卒。シャープ海外事業部、サイバーエージェントの立ち上げ時期を経て、トムソン・ロイターグループに入社。33歳でメディア事業部門の日本責任者となり、プレジデント社と「プレジデント・ロイター」、朝日新聞社と共同で「ビジネス・プレミアム・ネットワーク(BPN)」を立ち上げる。 オークファン執行役員兼事業統括を経て、株式会社プリンシプルを創業。


リモートでも「孤独」と思わせないための工夫10選

株式会社ポップインサイト
池田 朋弘

早稲田大学卒。株式会社ビービットに新卒入社し、2013年にポップインサイトを創業し、2020年3月に退任。現状は株式会社メンバーズ執行役員。4社の立ち上げ経験あり。リモートワークの取組で総務省テレワーク100選選出・NHKオイノコミア等の出演経験あり


リモートチームのコミュニケーションを支える仮想オフィスとザッソウ

株式会社ソニックガーデン
倉貫 義人

1974年京都生まれ。1999年立命館大学大学院を卒業し、TIS(旧 東洋情報システム)に入社。2003年に同社の基盤技術センターの立ち上げに参画。2005年に社内SNS「SKIP」の開発と社内展開、その後オープンソース化を行う。2009年にSKIP事業を専門で行う社内ベンチャー「SonicGarden」を立ち上げる。2011年にTIS株式会社からのMBOを行い、株式会社ソニックガーデンの創業を行う。

ご質問等がございましたら、お手数ですが下記運営事務局までご連絡のほどよろしくお願いいたします。
メールアドレス:m_lg@members.co.jp