増え続けるWeb広告担当者の負担を減らし成果を上げる2つの視点とは?~パナソニックの調理家電プロモーションから紐解く成功ポイント~

複雑化するWebプロモーションにおいて、広告主側がどのようにアウトソース領域を考え、自社のDNAを共有しながらパートナー企業であるメンバーズとチームワークを高めたかという点を、パナソニックさまの調理家電でのプロモーションにおける課題や成功事例とともにご紹介します。

資料名

増え続けるWeb広告担当者の負担を減らし成果を上げる2つの視点とは?~パナソニックの調理家電プロモーションから紐解く成功ポイント~

こちらから数ページをお試し読みいただけます>>

※本資料はメンバーズ主催セミナーの講演資料です。
2019年1月18日(金)開催
増え続けるWeb広告担当者の負担を減らして、成果を上げる2つの視点~パナソニックの事例から見るパートナー企業との運用体制と統合的な分析方法~

目次

【企業の広告部門をとりまく状況】
(1)企業の広告部門をとりまく状況 (市場状況)

  • ・広告費のデジタルシフト
  • ・デジタル広告の潮流
  • ・Web広告の77%が運用型広告
  • ・Web広告の特徴
  • ・運用型広告の変化
  • ・運用型広告の今昔
  • ・機械学習のパターンが圧倒的に増大
  • ・運用領域の多様化

【プロモーション担当者視点の課題】
(1)パナソニック(部署)の体制

  • ・国内家電部門の成り立ちとブランド
  • ・コミュニケーション部 体制
  • ・owned media Panasonic.jp 「100サイト」
  • ・earned media SNS自社アカウント
  • ・paid media デジタルメディア向け広告

(2)パナソニック的なWeb広告施策の課題

  • ・i) 特定のWEBコンバージョンがない中でのKPI/KGI設定の課題
  • ・ii) 新興してくるWEBメディアへの適応の課題
  • ・iii) ユーザー視点を取り入れることに対する課題
  • ・様々な領域の課題解決方法としての専業パートナー
  • ・例えば、Webプロモーション、サイト制作では
  • ・施策におけるアウトソース領域
  • ・ただ、そこにも課題はある
  • ・得意領域ごとに存在する専業パートナー会社との連携の課題
  • ・実際に2019年はWeb担当の「各特化領域を連携させるスキル」が重要視される、と言われている
  • ・そんな課題をどのように解決したのか? を事例もとにご紹介します

【パートナーシップが機能した背景を具体例で紹介】

  • ・事例:ロティサリーグリル&スモーク
  • ・(1)実際のロティサリーグリル&スモークでの役割分け、課題・アクションと成果
  • ・プロモーションの両社体制・役割分け
  • ・プロモーションの過程を紹介
  • ・当時の「課題」と「パートナーとしての動き」
  • ・プロモーションにおける当時の課題(前半)
  • ・その結果・・・
  • ・各課題への解決アクション
  • ・参考:施策整理とKPI整理
  • ・各課題への解決アクション
  • ・プロモーションにおける当時の課題(後半)
  • ・各課題への解決アクション
  • ・事例:ロティサリーグリル&スモーク
  • ・なぜセカンドオピニオンを信頼できたのか?

【まとめ:パートナー連携で成果を生むための重要ポイント】

  • ・(1)メンバーズとパートナーシップを組み、セカンドオピニオンを信頼する理由とは?
  • ・メンバーズとパートナーシップを組んでいる背景
  • ・パートナーシップに重要なこと
  • ・成果創出には指揮者のパートナーとなる存在が肝要
  • ・(2)今後パートナーとしてのメンバーズに期待すること・要求すること
  • ・今後のパートナーシップに向けて・・
  • ・Webプロモーションのパートナーへ期待することは