デジタルトレンドレポート2020~海外の有力メディア・企業から抜粋~

海外の有力メディア・企業からトレンド予測を抜粋しました。

資料名

デジタルトレンドレポート2020~海外の有力メディア・企業から抜粋~

こちらから数ページをお試し読みいただけます>>

2020年版は、大幅に情報量をアップしました(昨年22メディア=>今年109メディア。Smart Insights, Gartner, Forbes, Brandwatch, Kantar, Entrepreneurなど)

・「情報」のデジタルトレンドと、「価値」のデジタルトレンドの二部構成です。

・「情報」編は 運用効率・成果向上・データ活用・アプリ・SNS・デザインの6領域です。

・「価値」編は DX(デジタルトランスフォーメーション)・ブロックチェーン・Fintechの3領域です。

音声検索・RPA・SNSなど、この2020年はどのようなトレンドになるのか、貴社の2020年度の施策検討や、予算獲得のための基礎情報として、本レポートをご活用ください。

【デジタルトレンドレポート 2020 目次】

「価値」のインターネット

●5G時代の幕開け
ネットワーク接続デバイスの膨大な情報量
情報の中央処理化と分散処理化

●検索
検索の50%が音声検索
ゼロクリック検索に備えよ

●AI/ML(機械学習)
高度化・自動化・本格化・専門化
有機的な連携

●AR/VR
市場拡大中。VRよりARが優勢
世界中の35億人のモバイルARユーザーへ

●BC Block Chain
BC「施行」の時代終焉
国家暗号通貨時代、ステイブルコイン主軸へ
フェデレーションBC、ハイブリッドBC

●FinTech
世界規模では口座数増、支店は激減
銀行とFintech企業のエコシステム時代
チャットボット・AI自動化
Regitech、RPA、Defiへの投資増

「情報」のインターネット編

●運用高度化
業務の自動化、RPA時代

●広告成果向上
検索の半分は音声検索=キー入力しない時代
ライブ動画、ネイティブ広告、バンパー広告が成長中
UX/CXこそがキモ
一般広告はNG, パーソナライゼーションに注力

●データ活用
半数以上の企業がMA導入済、さらなる進化へ
データ保護・プライバシーの世界的な動きに注目

●アプリケーション
モバイルアプリの半分がPWA(Progressive Web Apps)化
音声検索・音声コマース台頭
チャットボット優勢

●SNS
インフルエンサー一強時代
一般人がインフルエンサーになりえる時代
インスタやFBがエフェメラルコンテンツ強化へ
動画は必須アイテム