リクルートグループNIJIBOXのアートディレクターが語る デザインガイドラインのメリットと導入のポイント

スマホやパソコンが普及し、気になることをインターネットやSNSで調べることが当たり前の時代になりましたが、コロナで外出自粛ムードになったことにより、ユーザーとデジタルとの接点が急増しました。

これをチャンスと捉え、デジタル施策に注力されている企業が多いのではないでしょうか?
デジタル施策を数多く打つ上で、ランディングページや広告・SNS用バナーのデザイン作成が必要不可欠だと思いますが、回数を重ねる毎に都度デザインのテイストが代わりブランディングのための統一感が出しにくい、デザイナーによってクオリティの差があるなど、制作面で課題を抱えているという声もお聞きします。

本セミナーでは、ニジボックスでアートディレクターをなさっている大宮夏織氏をお招きし、大規模サービスにおける基本的方針の整備の取り組みについてお話しいただきます。

ニジボックスはリクルートの新規事業創出プログラムから誕生したWebサイト制作会社で、デザイン思考に基づいたユーザー目線でのデザインプロセスから、Webサイトの制作、運用、改善まで、一貫してサポートしてくださるチーム間の高い制作スタイルが特徴です。
リクルートグループを始めとする大手クライアントとの実績も多数お持ちで、過去の経験やノウハウを交えつつご教示いただきます。

セミナー内容

リクルートグループNIJIBOXのアートディレクターが語る
デザインガイドラインのメリットと導入のポイント

  • 1.デザインガイドラインとは?
  • 2.どのように作成するのか?
  • 3.どのように運用するのか?
  • 4.事前に設計しておくべきこと/デザインガイドラインを導入するには?
  • 5.質疑応答

こんな方におすすめ!

  • ・デザインガイドライン導入に関心のあるデザイナーの方
  • ・デザインガイドライン導入に関心のある事業責任者の方
  • ・デザイン業務が増え、運用フローを整備したいと考えている方
  • ・デザイン制作の工数を減らしたいと考えいている方

セミナー概要

登壇者紹介

大宮 夏織 氏

大宮 夏織 氏
株式会社ニジボックス
クリエイティブ室 マネジャー

2012年に株式会社ニジボックスにデザイナー志望として入社。2017年から、リクルートの大規模サービスの運営組織にジョイン。現在はサービスサイトの運営に携わり、メンバーのマネジメントをしながらアートディレクターとしてサービスの軸を支えています。

お申込みフォーム

(本セミナーの応募は終了いたしました。)

ご質問等がございましたら、お手数ですが下記運営事務局までご連絡のほどよろしくお願いいたします。
メールアドレス:m_mc_pgtbs_mkg@members.co.jp