まずはできるところから!ウォーターフォール派も試してみたくなるアジャイル開発の新しい試みとは

「アジャイル」の開発手法を実践したいのに、旧来型「ウォーターフォール」のプロセスしか理解しないステークホルダーのせいでうまくいかない…このセミナーは、そういったお悩みをお持ちの方が対象です。

あの世界的に有名なアメリカの自動車メーカー、フォード・モーターの一部門「フォードラボ」での実践例、筋のいいアイデアを出す方法やコミュニケーション術など、明日からの業務ですぐにお試しいただける戦略や取り組みをRenee Liken氏にお話しいただきます。

セミナー動画

以下より当日のウェビナーを動画でご覧いただけます

メンバーズチャンネルでは他にも様々なウェビナーを紹介中!ぜひチャンネル登録をお願いします!

セミナーの内容

まずはできるところから!ウォーターフォール派も試してみたくなるアジャイル開発の新しい試みとは

  • 1.イントロダクション
  • 2.アジャイル実践の「スペクトラム」
  • 3.事例①ウォーターフォール派に新しいアイディアを
  • 4.事例②アジャイルなリリースの仕方を学ぶ
  • 5.事例③アジャイルなUXデザインをマネジメント
  • 6.筋のいいアイデア出しのヒントとなる、読む価値ありの情報源
  • 7.明日からやってみよう!ブレインストーミングの戦略と試み
  • 8.質疑応答(同時通訳あり)

こんな方におすすめ!

  • ・アジャイル開発に興味がある方/これから始める方
  • ・アジャイルを導入したいPMあるいは管理職の方
  • ・アジャイル開発がうまくいっていない方
  • ・アジャイルなUXデザインに興味のある方
  • ・世界的に有名な自動車メーカー「フォード・モーター」の話を聞いてみたい方

登壇者紹介

FordLabsプロダクトマネージャーRenee Liken氏

Renee Liken氏
フォード・モーターFordLabs
プロダクトマネージャー

フォード・モーターの顧客体験の最適化を担う研究所、「FordLabs」のプロダクトマネージャーを務める。
過去にアジャイル開発環境や中小企業の経営、クリエイティブエージェンシーにおけるデザイン業務のキャリアを持つ。
FordLabsでは、UXデザイナーやプロジェクトマネージャーを経験し、ビジネス要件、プロダクトビジョン、そしてユーザの目的到達に何が必要かを見極めることに長けている。
現在はプロジェクトリソースの状況を踏まえたうえでリリースに向け、開発チームを支えている。

FordLabsプロダクトマネージャー Jonathon Bezak氏

Jonathon Bezak氏
フォード・モーターFordLabs
プロダクトマネージャー

フォード自動車にてソフトウェアエンジニアとして活躍。入社後、自動車組み立て工場の車両スケジューリングシステムの改善に従事。それからは同社の車両エンジニアやデータサイエンティストにアナリティクスソリューションを提供。以前はウォーターフォール派であったが、現在はリーンスタートアップと人間中心設計を専門とするプロダクトマネージャーとして革新的なソリューションをアジャイルに検証し、新たなビジネスチャンスを模索するのに貢献している。

ご質問等がございましたら、お手数ですが下記運営事務局までご連絡のほどよろしくお願いいたします。
メールアドレス:m_lg@members.co.jp