ステージゲート方式に則したWEBプロダクト特化型MVP検証とUXデザインの考え方

VUCA時代、コロナ禍の現代において、新規事業・サービス開発を行うことが必須となっている昨今では、新規事業開発の推進が重要な1つの成功要因となりえます。そして、中~大規模企業において新規事業開発を推進する方法の1つがステージゲート方式です。
本セミナーでは、UXデザインに特化したリクルートグループのWeb制作会社である株式会社ニジボックスより小芦氏をお招きし、同社のグループ企業、他クライアント様で推進しているステージゲート方式の事業開発実績を基に、ステージゲート方式のメリットと、それに則したMVP(Minimum Viable Product)を開発手法を紹介いただきます。

セミナー内容

ステージゲート方式に則したWEBプロダクト特化型MVP検証とUXデザインの考え方

  • 1.ステージゲート方式とは
  • 2.ステージゲート方式のメリットと解決できる課題
  • 3.ステージゲート方式に則したMVP開発とUXデザインの考え方
  • 4.MVP開発の成功の秘訣
  • 5.質疑応答

こんな方におすすめ!

  • ・新規事業開発を活性化させたい方
  • ・新規事業開発をミッションに取り組んでいるが成果が出ない方
  • ・WEBプロダクトで事業開発を行いたい方

セミナー概要

  • ●日時:2020年10月8日(木)11:00~12:00(10:50からアクセス可能)
  • ●定員:Zoomで配信するオンラインセミナーのため何名でもご参加いただけます。
  • ●費用:無料
  • ●主催:株式会社メンバーズ メンバーズエッジカンパニー

登壇者紹介

小芦 東希雄 氏
株式会社ニジボックス セールス/プロデューサー

リクルートのインキュベーション部⾨Media Technology Lab.(次世代現事業開発室)から生まれた、株式会社ニジボックスに参画。複数の大手代理店、リクルートグループを対象に、WEB制作、UXデザイン領域の商品企画、販促、セールスに従事。その後は、主に新規事業開発の伴走を中心にプロデュース業務を行う。その過程で、新規事業開発支援に特化したソリューション等の開発も行う。現在は社内ソリューションのパッケージ化、営業プロセスの改善、新規顧客課題に向けた商材の開発に注力しながら、新規事業開発を推進するお客様の課題解決に向けたプロデュース業務を行っている。

お申込みフォーム

本応募フォームで取得した回答内容および個人情報は、株式会社メンバーズグループ各社、株式会社ニジボックス(https://nijibox.jp/privacy/)がお取り扱いいたします。

ブラウザによりお申込みフォームが表示されないケースがございます。
フォームが表示されない場合や、その他ご質問等がございましたら、お手数ですが下記運営事務局までご連絡のほどよろしくお願いいたします。
メールアドレス:m_lg@members.co.jp